クラウドソーシング・「クラウドワークス」体験記

クラウドソーシング・「クラウドワークス」で仕事をしてみた

起業・開業・副業をする方にとつて、少しでも参考になればと思い、クラウドワークスでの体験記、その顛末を書いてみる

本業の仕事ができない。安すぎてやる気にならない。

Webサイト制作の仕事の内容を見てみたら、気が遠くなるような安い値段であったので、ここに巻き込まれたら殺されると感じ、記事制作 = ライティングの仕事にフォーカスをあて、一文字一円以上の仕事を中心にエントリーしてみた。

 

いわゆる、1円ライターになってみたよ。

クラウドソーシング・「クラウドワークス」とは ?

仕事を依頼したい人が募集を出し。

仕事が欲しい人がエントリーする。

そして、契約締結→制作→納品完了→承認→代金振り込みとなる。

もちろんクラウドワークス側に、手数料という名目でハネられて入金となる。

 

ざつくり言って、そんなシステムのサイト。

 

仕事の種類

Webサイト制作・記事作成・ワードプレスページ制作・画像処理・ロゴデザインetcと多種多様。

 

仕事発注者の民度

いちゃもんつける人から、指名で仕事をリピートしてくれる人と、リアルと同じで悪魔もいれば天使もいる。

ただ、相対的に言える事はプロと感じられる人が少ない。

 

仕事受注の難易度

仕事を受注するのはさほど難しくない。

私の場合は、ブログネタにするために短期間行うだけなので、発注者にエントリーする時に値段を提示して、そのリクエストに応えてくたれた人のみ仕事を請け負った。

 

しかし、全体的に “おいおい” と言いたい程の価格単価が多かったな。

トラブル例

Webサイト制作の単価があまりにも安いので、画像処理の仕事をまずしてみた。

 

一発目から “いちゃもん” を喰いました。

 

仕事の内容は、モデルの画像をフォトショップで切り抜き、背景を合成するという簡単な仕事。

わたくし、Photoshop 7 からいじっており、かれこれ15年以上のキャリア。

使う機能は限られたものだけだが、画像合成などなんちゃない。

 

仕事をする前に依頼者に背景が淡い色との事であったので、「RGB値で指定ください」と連絡してみた。

具体的な指示はなかった。

違和感を感じた。

初めての仕事だったので、とりあえず義務は果たそうと考えた。

淡い色と言うので、まずはR 245 G 245 B 245 という、うす~いピンクで納品してみた。

 

結果は「色がついてないから金は払わん !」との事。

頭の中を覗いてみたい衝動にかられた。

どうやら、仕事内容を理解していない丸投げ・ピンハネ野郎と感じた。

しかし、ブログネタとしては最高の結果だ。

ある意味、私は “もっている” と思いスルーした。

 

SEOコンテンツを書いてみた

ある業種のWebサイトに載せるコンテンツ作成。

ターゲットキーワードに基づきコンテンツを作る。

日頃やっている事なので朝飯前。

訂正もなく一発納品。

 

しかし、二週間たっても承認しない。

だらしないのか、お金に汚いのかわからないが、催促したら「すみません」との事。

このサイトには「こんな輩しかいないのか ?」と悲しくなった。

口込み記事・レビューの作成をしてみた

一文字一円で、3,000文字以上の指定であった。

二時間以内で作成して、時給1,500円となった。

手数料という名目でハネらるけどね、額面では1,500円。

 

この二時間で終わる仕事・終わった仕事 という意味わかりますか ?

普通は3時間以上はかかる仕事。

しかも、依頼者公認ですよ。

 

びっくらこいた、ぶらこいた。

ブログネタとしての仕事としては悪くないとも言えるが、プロのライターさんからしたら ”1円ライター” と揶揄されるのであろう。

しかし、取材もしなければ書いていることも・・・。

ある事に集中するだけの悲しい作業。

世の中になんにも役だたない仕事。

しかも、この役立たないコンテンツとも言えないものを、けっこうな数をリピート頂いた。

ご指名で承認も速攻。

リピートがこなくなるまで、お付き合いした。

 

しかし、こんなものに需要があるとは。

今の世の中が心配になるし、複雑な気持ちにもなる。

オマエが言うな ! と 言われて最もだが、現実に需要がある事は悲しいが現実だ。

 

やはりネットの世界は、ひきこもごも。

 

コンテンツSEO用の記事作成の仕事をしてみた

西の方にある実店舗で販売する商品の、コンテンツ作成を請け負った。

ターゲットキーワードを聞いて、そのキーワードと整合性のとれるコンテンツを制作する。

という日常している仕事だ。

数店舗分のコンテンツを納品。

訂正もなく一発納品の上、承認も速攻。

 

やっと、「意味のある仕事でお金を稼いだ」という実感が沸いた。

リピートがこなくなるまで、お付き合いした。

自分のためにも、人のためにも、役に立ったとほっとした。

 

しかし、やはり、1円ライター。

喫煙具の使い捨てライターでも100円なのに、1円ライターとはなんとも言えないお言葉。

いや、そのネーミングにはまいるね。

 

収支報告

ざっくり書きましたとおり、1円ライターの仕事を行ってまいりました。

全て訂正なしの入金焦げ付きなし。

いや、一件だけいちゃもん付けられ踏み倒された。

画像処理の仕事は不愉快でしたが、ネタになったと思えば整理がつく。

合計5万弱の入金です。

 

後記

クラウドワークスでの仕事受注、瞬きするくらいの短期間でしたが、仕事も沢山ありましたし、しっかり入金もされました。

一件だけいちゃもん付けられ踏み倒されましたが、リアルにもこの手はおります。

それに引っかかった私の方にも原因がある。

そう納得できたので忘れました。

 

しかし、単価はのけぞるほど安い。

ライターもどきの仕事では、とても食っていけないと感じました。

いや、コンビニでレジうっている方が良い。

コンビニで働いた事はないが、そう感じました。

 

また、月20万以上を稼ぐと考えたなら、やはりWebやデザイン制作の仕事を受注しなければ無理とも感じました。

わたくしから見たら、いい歳ぶっこいちゃったオジサンが、ネットの世界でいちゃもんつけられ踏み倒され、5万弱のお金にしかならない。

だが、見方を変えると、なんらかの事情があり外に働きに出られない方には、とても良いシステム。

パソコン一台で5万は稼げるという事実は、身体の不自由な方・子育て真っ盛りのママ・鬱などで病気療養中の方にとっては、5万は稼げるとなる。

 

5万では生活はできないが、生活の足しにはなる。

社会にとっても、人にとっても良いシステムと思う。

 

しかし、このシステムで提示された金額を、「はいはい」と受けていたら “貧乏暇なし”になる事は、火を見るよりも明らか。

メッセージを送る機能でアピールや提案をする必要を感じた。

いわゆるコミュニケーション能力の差で稼ぎが変わってくる。

仕事自体はそこそこのスキルがあれば、問題ない仕事ばかり。

 

やはり、ネットの中でもコミュニケーション能力は大切と言わざるを得ない。

 

また、仕事を依頼してくる取引先となる方も、プロと感じられる人が少ないという点が、いささか達成感と緊張感のない、ただの作業となる点が物足りない。

いわゆるクリエィティブ感が少ない。

よって起業・開業してこれを行うのは、やや悲しい事かなと感じる。

 

しかし、おこずかい稼ぎの副業なら悪くない。

ただ、一文字0.2円という「人をなんだと思っている!」と叫びたくなるような依頼が山のようにある。

リアルもネットも同じという事だね。

言葉を変えたら、リアルで食えなきゃネットでも食えない。

そう感じました。

 

そして、与える側と与えられる側の力関係は、AIだとかグローバルな時代と言っても変わらないと感じる。

だが、選択の幅は広がったのは事実。

 

起業・開業して食ってゆく事は、いつの時代も葛藤と選択と決定の連続。

 

敵は本能寺にあらず。

 

我の内にあり。

だね。

 

 

以上、あくまでも主観でございますのでご了承の程を。


この記事の著者

塾長Webcraft工房KAZU 代表

平成元年に宝石・貴金属メーカーに就職。平成4年に独立。平成8年小田急線・喜多見駅歩5分の地にジュエリーリフォーム&オーダーの店をオープン。勢いと体力だけで開店したため集客に悩み、Windows98でホームぺージ制作・運用とSEOを始める。平成27年から、過去のWeb運用の経験値を生かし、ワードプレス専門制作及び、お金になるWeb活用コンサルタントを始め、現在多数のお取り組み先様と、実体のある綺麗ごと抜きの、Web活用パートナーシップ活動に励む。

この著者の最新の記事

モバイル専用

お電話問い合わせ時間

11:00~19:30

電話でのご予約 ?03-3480-8876 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

グループサイト

ページ上部へ戻る