起業・開業・独立、スタートアップ時の強い味方はWebサイトからのブログアップ。

ターゲットとするユーザーが検索窓に打ちこむであろう検索語句 = 検索クエリを想定して投稿コンテンツとしてアップする。

コンテンツSEOとも呼ぶ。

小規模法人・個人事業者にとってお金のかからないWebマーケティングのための常套手段。

グーグル検索表示で20位・2ページ位内にインデックスされれば、額の多い、少ないはあるがビジネスになる。

しかし、3~4ページ・30~40以内というところから伸び悩みや停滞が発生するという事は多い。

わたくしも経験したし、何故 ? と頭を抱えている方も多いのが実情。

3~4ページ・30~40以内って、やはりお金にならない。

トップぺージとは言わないまでも・・・と、ストレスを感じてしまう。

ここでこざかしい事をしてしまう人や、Webマーケティングなんて嘘っぱちとサジを投げる人もいる。

 

「風を読む」という言葉もある。

「なるようにしかならない」という言葉もある。

 

色々考えるより、戦略を変えてみてはいかがであろか ?

今見ている景色や置かれている立場を変えるその手法は。

 

グーグル広告 = アドワーズを使用してみよう ♪

Google の PPC オンライン広告 – Google 広告 = Google アドワーズとは ?

ブラウザを立ち上げググる。

検索表示がずら~~と表示される。

一番上の3段位と一番下の3段くらいの部分に赤く”広告”と書かれている表示がある。

これがGoogle の PPC オンライン広告 – Google 広告 = Google アドワーズである。

一言で言えば、”お金で表示される場所を買う”。

なんかスマートな表現ではないけど、本質はそれ。

 

結論は、貴方・貴女、貴社・貴店の営業品目 = コンテンツがユーザーが望むもので、ユーザーが有益と判断したら、リ、アクションは発生する。

集客できたり、販売できたり、現象としてリアルが現れる。

 

逆の場合 = コンテンツがユーザーが望むものなく、ユーザーが無益と判断したり興味をしめさなかったら、リ、アクションは無し。

 

だが、B to C でユーザーと直接やり取りと考え出した広告が、業者の目に留まり B to B ビジネスに発展という事もある。

良い、悪い、受け入れる、受け入れないは置いといて、自分が考えていなかったことが発生する場合が多い。

売り上げだけではなく、いわゆる新しい扉が開くとも表現きる。

マスメディアからの問い合わせも実際多い。

 

縦一本ではなく、横の広がりもあるという事。

 

また、Google の PPC オンライン広告 – Google 広告 = Google アドワーズを使うという事は、グーグルにWebサイトをしっかり見てもらえるという言い方もできる。

クローラー = bot 任せではなく、人が介在してアクティブに見て貰えるという事である。

これも大きなメリットと理解できますよね ? 商売人ならさ。

 

まとめ

目先の数字ももちろん大切ですが、起業・開業・独立、スタートアップ時は “新しい扉を開け” までは言わないにしても、引き出しが増えることは良い事。

インターネットという世界は、詐欺師もいるし限りなく黒に近いグレーな者もいる。

これはリアルな俗世でも同じ。

 

しかし、同時にきちんとビジネスとして新しいものや、角度の変わったビジネスを探している者・企業もいる。

 

壁にぶつかった時。

戦略に迷いが出た時。

戦術が思わしくない時。

 

そんな時は、ビジネスフィールドを少しだけ変えてみるのも良い。

変えてなんだかな~ って感じたら、また戻せばよいだけである。

 

一番ビジネスに悪いのは、執着と固執とも言える。

環境をお金で買うのも、またビジネス。

 

一度お試しあれ。

 

マーケティング・SEO・リスティング広告は 整合性 ? >>